西九州食財

TOPIC西九州食財

ジャンボにんにく

佐世保市野菜

旬の時期:

ジャンボニンニクは適度な風味を持ち、一般のニンニクより匂いが弱いことを含め皆さんに親しみやすいニンニクであるということもあり、栽培に取り組むようになりました。

ニンニクは暑さにも寒さにも弱い作物であるが、温暖な佐世保市の気候はニンニクの栽培に適していると言われています。


土壌石灰として九十九島牡蠣の牡蠣殻を使うなどの工夫もしています。
調理例はニンニクチップ、醤油煮、天ぷら、餃子のタネとして、となっています。芽はアスパラより味が濃く、臭みは少なく、天ぷらや炒めものなど幅広く使え好評です。食材としての機能・特徴は、一般のにんにくより量を食べやすいからか、力が湧く・気力や体力、元気の維持増進の報告が多いです。スコルジニンという(健康上の)主要な成分が20%多いと言われており、その御蔭もあると思われます。

購入方法

お問い合わせはこちら

  販売業者:ジャンボニンニク研究会 田崎次郎
  TEL:090-9586-3675
  Mail:aojpv@yahoo.co.jp