西九州食財

TOPIC西九州食財

アスパラガス(佐世保市、松浦市)

佐世保市松浦市野菜

旬の時期:春(2月~4月)、夏(6月~10月)

寒暖差でじっくり生育

アスパラガスが生産されている佐世保市・松浦市は長崎県の北部に位置し、国見山・長串山など多くの山岳、丘陵に囲まれ平坦地が少ない中山間地域です。
気候は昼と夜の寒暖差があるため、じっくりと生育し、高品質なアスパラガスができる環境にあります。
松浦市内では、JR九州ファーム(株)が農業法人として参入され、アスパラガスの生産を一部行っています。

本地域では、春(2~4月)と夏(6~10月)の年2回の収穫を行っています。

春には冬の間根に糖の形で蓄えられた養分だけで芽を出す「甘いアスパラガス」、夏には育てられた親茎の光合成活動により一気に伸びる「柔らかいアスパラガス」が生産されています。
主に関東や関西の市場へ出荷され、市場でも高評価を得ています。

良質な堆肥で土づくりから

当地域は、冷涼な環境での栽培であるため、収穫となるまで、じっくりと生育し、グリーンが鮮やかで、穂先がしまった高品質のアスパラガスが出来上がります。
また美味しいアスパラガスを栽培するために、良質な堆肥を投入するなど土壌環境づくりにもこだわっています。

夏の収穫の終わりから秋にかけて、数本のアスパラガスを収穫せずに伸ばすことで、ビニールハウスいっぱいに擬葉(ぎよう)と呼ばれる細い茎が広がります。

擬葉によって光合成をおこない、鱗芽に栄養を貯め、冬の間、根は休眠期に入ります。そして春に美味しいアスパラガスが芽を出すのです。


様々な料理で、みなさまのご家庭の食卓を彩ります。

購入方法

佐世保市・松浦市内のスーパー、農産物直売所にてお買い求めいただけます。

お問い合わせはこちら

販売業者:JAながさき西海農業協同組合
TEL:0956-64-3141

生産者インタビュー