西九州食財

TOPIC西九州食財

ヒラメ

平戸市お魚

平戸のヒラメ

旬:1月〜4月(最旬:1月〜3月)

白身魚の刺身では最上とされ、淡泊な味わいながら、旨みがあるのが特徴です。平戸はひらめの漁獲高が国内トップクラスで、5キロを超える大物を「座布団ひらめ」と呼びます。

平戸市内では1月中旬から3月末まで「平戸ひらめまつり」が開催され多くの観光客で賑わいます。

平戸のヒラメ

平戸市最南端の志々伎地区は、日本有数の天然ヒラメの水揚げ高を誇ります。コリッコリッと身の締まった品のよい白身は、五島灘の荒波のおかげともいえます。

平戸近海は潮の流れが激しく、灘には対馬海流が流入し天然岩礁が多くひらめのエサとなる小魚(イワシ・アジ・サバ)などが豊富です。特に1~3月に獲れるひらめは「寒ひらめ」と呼ばれ、荒波にもまれ身の締まった良質なものが獲れます。

天然ヒラメが穫れる平戸市の志々伎地区

オススメの食べ方

刺身の場合、ポン酢醤油と浅葱・紅葉おろしで食べるとヒラメ特有の旨みや甘みを美味しく堪能することができます。
一キロサイズ以上のものは「平戸ひらめおがみ」としてブランド認定され、市内の飲食店やホテル・旅館で開催せれる「平戸ひらめ祭り」などを通じ、着実にファンを増やしています。

平戸ヒラメの刺身

購入方法

お問い合わせはこちら

平戸瀬戸市場協同組合
平戸市田平町山内免345-15
TEL:0950-21-1977