西九州食財

TOPIC西九州食財

九十九島かき

佐世保市お魚

旬の時期10月〜4月

「九十九島かき」は、長崎県佐世保市の入り組んだ海岸線に迫る山、そして西海国立公園に指定される自然豊かな『九十九島』と呼ばれる密度日本一の多くの島々から送られる大地の養分をたっぷり吸収した小ぶりな養殖牡蠣。


真珠養殖の技術を活用して育てられた牡蠣は小ぶりながらも濃厚な身がぎっしり詰まっています。

入り組んだ海岸線と多くの島々は大地の栄養を与えるとともに、波静かな養殖漁業にとって安定した環境を作り出してくれています。


佐世保市では毎年、九十九島かきの「かき食うかき祭り」という大規模なイベントが開催されるほど市民に愛されている九十九島かき。炭火で焼いて食べると牡蠣の濃厚な味わいが楽しめます。