西九州食財

TOPIC西九州食財

柚木トマト

佐世保市野菜

旬の時期:10月~1月

柚木トマトは、昭和48年より栽培が開始され、当時は露地栽培だけでしたが、現在はハウス栽培でメロンの後作として栽培しています。

柚木トマト部会では、徹底した水管理を行い、糖度にこだわった栽培に取り組んでおり、同地区は県内でも数少ない秋冬抑制トマトの産地です。
猛暑の時期に定植を行い、厳しい生産環境となるため高い生産技術が必要とされますが、高冷地等の立地条件を生かすとともに、部会員による長年の経験と技術の積み重ねにより高品質なトマト生産が行われています。

栽培される環境は、標高が高く、昼と夜の寒暖差があり、国見水系の澄んだ水を栽培に使用しています。
また寒暖差があることで、旨みが増し果肉に糖度が凝縮されます。
このように恵まれた気候風土を利用し、丹精込めて作り上げられた柚木トマトは、市場からも高く評価されております。

主な品種は、「桃太郎グランデ」を栽培しており、病気になりにくく、多収性があります。
トマトの中でも同品種は、硬玉で日持ちも良好で、高温期の出荷でも安定した品質を保つことができ、抑制栽培での完熟出荷に最適です。

糖度が6度以上でありながら、酸度とアミノ酸の含量のバランスがよいのが特徴です。

様々な料理で、みなさまのご家庭の食卓を彩ります。

購入方法

  • 柚木よかもん市

    長崎県佐世保市柚木町2274-4
    TEL:0956-46-2515

お問い合わせはこちら

販売業者:JAながさき西海農業協同組合 させぼ北部営農経済センター
TEL:0956-49-2966